ブログトップ

ひかえのま

hinemosu.exblog.jp

カテゴリ:その他( 14 )

自転車でうろうろ

いい天気なので園芸市を目当てに出かけました。
気に入った多肉をいくつか購入して中島公園を散歩。
今年は気温が高くて花が咲くのも早いです。
b0017998_11215674.jpg


公園内にある日本庭園で滝や石庭をまわります。
b0017998_11252474.jpg

b0017998_11262896.jpg


茶室の八窓庵です。
小堀遠州の作で1971年にこの庭園に移築されたとか。
「忘筌」の扁額が見えます。
b0017998_1128187.jpg

内部は見られなくて残念。

帰宅してから購入した多肉を見たら、袋の中で倒れて葉がもげて不恰好になってしまいました。自転車で持ち運ぶのは危険ですわ。落ちたのも葉挿ししてみます。
昼は暑いぐらいになり、半日自転車でうろついて帰ってからは植え替えや庭いじりをして日に当たりすぎたせいか、夜に頭が痛くなってしまいました。頭痛薬をキメて就寝。
[PR]
by hinemosu_1 | 2015-05-04 11:53 | その他

梅の季節がやってきた

そろそろ梅の季節と思い、買い物のときには売り場をチェックしていました。で、昨日いい感じの南高梅を見つけましたよ。1kgで680円でした。2kg購入。
夜中に梅を洗ってホシを取って…とせっせと下ごしらえ。やはり南高梅はいい香りです。梅1kgに対しグラニュー糖とハチミツもそれぞれ同量使って、梅シロップとハチミツ漬けを仕込みました。昨年と同じく梅農家さんのサイトを参考にしています。

一晩たった今朝の状態です。ハチミツ漬けのほうは水分が出てきてサラサラの液体になっています。出来上がりを楽しみに、日々容器揺すりに勤しむことにします。
b0017998_8391444.jpg

[PR]
by hinemosu_1 | 2010-06-11 08:46 | その他

実物はかわいい

先日、動物園を再びぶらりと訪れました。
まえに見られなかった動物にも会えて満足満足。

オランウータンのオスは近くでみると大きいです。うっかり森の中で出くわしたらびびりますね。
どこかの子どもが「こわいよ~」と半べそ状態でした。

ヨウスコウワニの赤ちゃんもじっくり観察。
どこかの熟女二人連れが「これ、死んでるの?」
生きてます。
でもたしかに全然動かなくて、ソフビのおもちゃを混ぜておいてもわからないかも。

今回のいちおしはレッサーパンダです。テレビなどで見るより、実物は数倍かわいいです。
思ったより小さくて、動く姿はどうかしそうなぐらい愛らしいです。
人だかりがしていたので後から写真を撮りに戻ってきたら

b0017998_10571313.jpgzzzzz…

b0017998_10581466.jpgもぞもぞ…
zzzzz…

寝てました。


[PR]
by hinemosu_1 | 2009-09-12 11:01 | その他

梅がカチカチです

b0017998_11492176.jpgこらえ性がないので、7月19日に漬けた梅シロップを開けました。
かすかに梅酒のような香りがします。
青梅を使ったのと、発酵したせいですかね。
取り出した梅はカチカチです。
皮が硬く、果肉はスポンジ状になっていました。
捨てるのももったいないし、そのままでは食べにくいので、水と砂糖を加えてレンジで加熱し、冷めるまで放置。皮は硬いままですが、果肉は汁を吸って柔らかくなり、もどしたドライフルーツみたいになりました。

しわが寄らずにふくらんだままの梅もありました。そのまま食べてみたら、果肉がとろとろで杏のようなお味。もしかして少し熟していた実だったのでしょうか。美味しいぞ。シロップは少なくなるかもしれないけれど、来年は半分熟した梅でチャレンジしてみます。

シロップははちみつで作ったのよりあっさりした感じです。何年ものですか? というぐらいにいい色です。三温糖の色ですね。たくさん出来たので、一応加熱してビンにつめました。夏をこれで乗り切ります。どうやら冷夏みたいですけど。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-08-01 12:12 | その他

梅、ふたたび

前に作った梅のはちみつ漬けは、シロップも実もすでに完食しました。(以前の記事 「梅はちみつ漬け」 「梅はちみつ、ちょっと発酵」)
さっぱりして美味しかったので、今度は砂糖を使って仕込んでみました。
こちらの梅シロップの作り方を参考にしています。
梅は青森産の青梅、砂糖は三温糖をそれぞれ1kg使いました。
はちみつ漬けに使った南高梅は、漬ける前からフルーティな香りがしていましたが、今回の青梅はあまり香りがない感じ。
梅を洗って下ごしらえしたら、消毒した容器に梅と砂糖を交互に入れて、砂糖がはやく溶けるように朝晩ゆさゆさと容器を揺らしました。
今日で8日目です。
リンク先の10日後の写真と同じような状態になっています。
仕込んだときは砂糖がぎっちりでどうなることかと思ったけれど、浸透圧ってすごいもんですね。これって砂糖のほうに梅の水分がぎゅーっと移動するんですよね。梅がしわしわです。人も砂糖に入れたらこうなるの? なんてホラーな想像をめぐらしつつ、完成を待ちます。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-07-27 10:48 | その他

動物園散歩

b0017998_921165.jpg札幌の円山動物園に出かけました。
動物園なんて何年ぶりでしょうか。施設が一部新しくなっていたり、レストハウスも増えている印象。
お目当ては赤ちゃんたちです。
←この毛玉はユキヒョウの赤ちゃん。
2009年5月2日生まれのオスとメスです。
私のしょぼいデジカメ+フラッシュなし+遠くの隅っこにかたまる二頭、という三重苦撮影のためボケています。

ホッキョクグマの元気な双子ももちろん見てきました。2008年12月9日生まれのオスが二頭。けっこう大きくなっていて、激しくレスリングをしていました。帰りぎわにもう一度見にいったら、母親のララにぴったりとくっついて寝てましたよ。やっぱりまだ子どもです。

ヨウスコウワニの赤ちゃんも見たかったのですが、私が行ったときにはまだ公開されていませんでした。


b0017998_9575583.jpg日中暑くなってくるとネコ科のみなさんはだらりとのびてます。サービスショットはティモンの寝顔。いちばん無防備な寝姿をしていたメスライオンです。直射日光の下で暑くないのでしょうか。

久々に出かけた動物園は思いのほか楽しく、のんびり散歩もできました。
物陰に隠れてしまい、よく見えなかった動物もいて、ちょっと心残り。シロフクロウ、あなたです。でも年間パスポートを買ったのでまた行くぞー。

[PR]
by hinemosu_1 | 2009-07-19 10:29 | その他

梅はちみつ、ちょっと発酵

6月18日に漬けた梅はちみつ、毎日くるくる回していたのですが、細かい泡が見えたのでフタを開けてみました。
そーっとフタをまわすと、プシュッ! と音がして泡があがってきましたよ。どうやら発酵してしまったようです。カビも無く、梅の香りがして、おそるおそるシロップをなめてみると……はちみつのやわらかな甘みと梅の酸味が溶け合って美味です。

梅を取り出したシロップは発酵をとめるために加熱します。たくさん浮いてくるアクを取り除いてビンにつめ、冷蔵庫へ。水で割って飲むといいですね。

梅の実は果肉は柔らかで、皮が少し硬いです。漬ける時間が短かったからでしょうか。そのままだと酸味が強いので、取り出した梅の実に砂糖を加えてレンジで加熱しました。皮もやわらかくなり、甘酸っぱくてほろ苦い梅のおやつになりました、
まあまあ成功といっていいかな。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-06-30 09:12 | その他

梅はちみつ漬け

b0017998_8595137.jpg梅のはちみつ漬けを初めて作ってみました。
青梅を使ったり、いろいろ作り方があるみたいです。
私は南高梅を使いました。アク抜きをしなかったけど大丈夫かな。梅を洗って水気をよく拭き、竹串で梅のへたを取って全体に穴をあけます。
容器とふたを焼酎で消毒します。そこへ梅を投入。上から同量のはちみつを注ぎ、ふたをして冷暗所で保管。あとは時々ゆすって混ぜてやります。

写真は一晩たった状態。
梅の頭がはちみつより出ているので、上下を返さないとだめかしらん。
うまく出来るといいなー。

ちなみに南高梅とはちみつをそれぞれ1kg使っています。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-06-19 09:35 | その他

わさび菜大人気

フリル状の葉で、生で食べるとぴりっとした辛味があるわさび菜。最近よく店で見かけるようになりました。
揚げ物をしたとき青い色が欲しいなーと思い、大葉みたいに天ぷらにしたら、むむっ、と唸るほど美味しかったです。メインはエビフライだったのですが、一緒にご飯を食べていた人たちの一番人気はわさび菜でした。あっという間に無くなりましたよ。
ひらひらの葉を二~三口大にちぎり、水気をふいて衣をつけてさっと揚げるだけ。
わさび菜の独特の風味と天ぷら衣の香ばしさが口いっぱいに広がります。
私は大葉がちょっと苦手なんですけど、これは好きです。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-05-28 09:43 | その他

時鮭

スーパーで時鮭(トキシラズ)を見かけて早速購入。
味噌だれをのせ、キャベツ、玉ねぎ、きのこと一緒にアルミホイルで包んでオーブンに放り込みます。

ぐつぐつぐつ。いいにおいがして完成。

時鮭は脂がのっていて臭みがないのです。
ふんわりとろけるような口当たりに焼き上がり、美味しゅうございました。
普通の鮭とは全然違うので、毎年楽しみです。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-05-20 08:48 | その他