ブログトップ

ひかえのま

hinemosu.exblog.jp

タグ:サボテン ( 25 ) タグの人気記事

ひっそりと咲くサボテン

b0017998_1938921.jpg


名無しのサボテンの花がひっそりと咲いていました。
毎年夏と冬の2回咲くのよね。春まで水はやりません。

多肉植物も昨年の11月3日以降水遣りをしていません。
下葉が萎んで落ちてきているのもありますが、まだ頑張れそうです。
[PR]
by hinemosu_1 | 2013-01-14 19:55 | 植物

サボテン実生 12

b0017998_10153624.jpg

b0017998_1016515.jpg


2006年に種をまいた翠晃冠です。
うーん、育ちが悪いです。そして二枚目の写真のように、株全体が赤くなるのは何が原因なのでしょうか。日焼けではないようです。
このまま冬を過ごして、春になったら動いてくれるといいのですが。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-12-13 10:24 | サボテン実生

種まく人

b0017998_13255654.jpg

ギムノの翠晃冠は、律儀にも毎年花が咲いて種をつけます。
で、またまいてしまいました。
今年は70粒ぐらいです。
そのへんにある容器をよく洗って使っているのですが、透明な容器だと藻のようなものがはびこりやすいです。日光があたるせいでしょうか。なので今年はあまり透き通っていない容器を使いました。
ここのところ最高気温が22~23℃ぐらいしかありません。うまく発芽してくれるでしょうか。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-07-15 13:44 | サボテン実生

蝦夷梅雨

b0017998_75199.jpg6月の末ごろは異常に暑かったのに、ここ数日は曇り時々霧雨といった天気で梅雨みたいです。先月も日照時間が短かったので、多肉のコンディションもいまいち。実生の小さいサボテンは、ふたつほどカビて腐りました…。こんなの初めてです。

しかし、鉢植えはいまいちでも、露地植えは強いです。
鉢からあふれたので、春先に実験的に植えたセンペルビブムのルブラン。外は過酷なのか、いまだに紅葉しています。暑かったり寒かったりすると葉がぎゅっと閉じます。涼しいとちょっと弛緩(笑) このまま越冬させてみるつもりです。


b0017998_758140.jpg切り詰めてあまった熊童子も花壇の片隅に挿しました。出てきた新芽はがっちりむっちりしていて野生的です。鉢に挿した熊童子なんか軟弱でダメダメに見えます。いいなー、あとでこっちを鉢にあげてやろうかな。

[PR]
by hinemosu_1 | 2009-07-04 08:10 | 植物

サボテン実生 11

b0017998_9133019.jpg


2006年12月に種まきをしたギムノカリキウム属 翠晃冠です。
写真の株は、他のに比べて刺が長いように思えます。サボテンの直径は18ミリほど。
昨年の10月に植え替えてからは元気に育っています。鉢内での育ち方も差が無いみたいです。以前に育ちが悪かったのは、ネジラミのせいだったのかな。
[PR]
by hinemosu_1 | 2009-03-02 09:06 | サボテン実生

黄麗も咲きました

b0017998_9293398.jpg


黄麗が開花。うーむ、色の調子が葉と同じなので、さびしく見えます。花の大きさは1センチぐらいあるのに。蕾が一斉に咲いてくれると、もう少し華やかになるでしょうか。


b0017998_9405444.jpg


もうひとつおまけ。
名無しのサボテンにも花が咲きました。あなた、今年の7月にも咲いていたんじゃ…。暖かい部屋に入れたから? 今度は円環状にずらりと蕾がつきました。夏に咲いたときよりも、花びらの色が薄いです。室内で光が足りないからかも。そろそろ断水しようと思っていたのに、どうしよう。
[PR]
by hinemosu_1 | 2008-12-19 09:50 | 植物

サボテン実生 10

b0017998_10484472.jpg


2006年12月に種まきをしたグループです。
鉢内が混んできたので選別して植え替えました。元の駄温鉢に植えられる分だけ残し、しぼんで大きくならない株は処分しました。44個、大きいもので直径16ミリ。実生なので、並べてみると微妙に個体差があります。刺座がくっきりして、ごつい感じのもの。刺座の数が少なく、丸みのあるもの。刺が長いもの。さらに生長すると違いがでるかもしれません。

で、今回引っこ抜いてみたら、ネジラミがついていました。弱った株があったのはそのせいでしょう。被害が広がると嫌なので、オルトランDXを土に入れました。初めてオルトランを使ってみましたが、臭いですね。びっくり。
[PR]
by hinemosu_1 | 2008-10-17 11:20 | サボテン実生

名無しのサボテン開花

b0017998_11425899.jpg


夏は外に出し、冬は水を控える。
環境にメリハリをつけた結果、花が咲きました。
昨年の私の期待に、見事に応えてくれた名無しのサボテンです。
マミラリアの何かかな?
濃いピンクのお花でした。
[PR]
by hinemosu_1 | 2008-07-27 11:49 | 植物

サボテン実生 9

b0017998_9394676.jpg2006年12月に種まきをしたギムノカリキウム属 翠晃冠の様子です。

昨年の8月に植え替えをして、現在大きいものは直径13ミリぐらいになっています。写真を見るとわかるのですが、駄温鉢のふちに植えてあるもののほうが育ちぐあいがいいのです。鉢の中心部のものと比べると、色も違います。
なんでしょうね。根の呼吸なのか、温度なのか、同じ鉢内でも環境が違うようです。もう少し別な植え方を考えたほうがいいかも。


b0017998_9521996.jpgこちらは2007年8月に種まきをしたグループです。

実は先日植え替えました。なんと虫が発生。コバエの幼虫かな? カブトムシの幼虫を小さくしたようなのが土の中でうねうね動いていて、見つけた瞬間に固まりました、私。
殺虫剤を使うのに抵抗があるので、まだ直径3ミリしかないサボテンたちを土から抜き、水で全身を流してから、新しい土に植えました。大丈夫でしょうか、こんな乱暴なことをして。
[PR]
by hinemosu_1 | 2008-06-27 10:18 | サボテン実生

名無しのサボテン

前から家にあった、名前のわからないサボテンです。
b0017998_11171056.jpg

今まではただ緑色で刺がある、地味な丸サボテンでした。春先に土を替え、うすーくしたハイポネックスをたまにやるようにしたら、えらく元気になりました。大きくなり刺にも勢いがでて、おまけに頭のほうにぽわぽわと産毛がはえてきました。なんて名前なんでしょうね、これ。花が咲いたことがないので、来年あたりどうよ、と期待をかけてみます。
[PR]
by hinemosu_1 | 2007-10-01 11:31 | 植物